スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガレージキット 稗田礼二郎(ヘビーゲイジ)[完成]

20131109_08.jpg
WF2013sにて購入した、ヘビーゲイジ様のガレージキット「稗田礼二郎」完成しました。

前後左右など。凛々しめな造形です
20131109_02.jpg20131109_05.jpg
20131109_03.jpg20131109_04.jpg

ちょっとアップ気味に
20131109_06.jpg20131109_10.jpg
20131109_07.jpg20131109_09.jpg
まさか稗田先生の立体物にお目にかかれるとは…どっから見ても稗田先生で感動しました。入手できてよかった。

あえて逆光とか。
20131109_01.jpg
背景や撮影方法も色々やってみてもいいのかもしれないと撮ってから思ったりしました…

肌塗装途中の写真です。
20131109_12.jpg
今回は普段のレジン地を生かしたサフレス塗装ではなく、ブラウン系から徐々に肌の色を立ち上げる方法を取りました。一応事前に適当なパーツで実験をやってから本番に臨んだんですが、それでも陰影がおとなしめになってしまいました。実物はもうちょっと変化が出てると思うんですが、写真だとほとんどベタ塗りっぽく…。つや消しクリアーの後にタミヤのウェザリングマスター少々。これも写真には同上(笑
瞳はいつものアクリルガッシュではなく、エナメル筆塗りです。瞳自体は黒目もモールドされているので位置は迷わないのですが、単にうまく塗れる自信がないのでふき取れるこちらを久々に使ってみました。

というわけで大体一年ぶりのガレキ製作、稗田先生でした。デフォルメじゃない男性キャラを塗るのはものすごく久しぶりで、かなり新鮮な気持ちで塗装できました。皺とか多めのキャラとかもいつか塗ってみたいですね。
スポンサーサイト

ガレージキット 稗田礼二郎

20131106_03.jpg
というわけでWF2013sにて購入した、ヘビーゲイジ様のガレージキット「稗田礼二郎」を製作中です。
今年の夏WFではガレージキットを2つ購入したのですが、
シンプルな2パーツ構成でパーティングラインや気泡の処理が先に済んでしまったので、こちらから塗って行こうと思います。
銅像風仕上げも似合いそうな感じの稗田先生胸像です。
20131106_01.jpg20131106_02.jpg

塗装に関しては、原作のテイストを考慮にいれるかどうか、そもそも考慮に入れる技術はあるのか、というころで悩む部分もあるにはあります。とはいえそこは折角入手できましたので、自力で塗ってみようということでおおむね気楽にとらえて進めていこうと思います。

ガレージキット 古明地さとり(コムラクラフト)[完成]

夏のWFにて購入した、コムラクラフト様のガレージキット「古明地さとり」、完成しました。
20120918_10.jpg


組み立てに関しては、分割されたフリル部を接着整形してしまえば
気泡はシアノンとアルテコ、レジン棒で問題なかったのですんなりいきました。
というわけで主に塗装の話でも。
20120918_04.jpg20120918_03.jpg20120918_02.jpg20120918_01.jpg
塗装は予定通りすべてサフレスでおこないました。これだけ広い面積ではやったことがなかったのですが、なんとかなったようです。
完成見本と地霊殿の画面を参考に紫、ピンク系で調色しています。
サフを塗装後に白立ち上げの工程は結構苦手で(普段使っているクールホワイトが濃度調整しにくい気がする)、私の技術では仕上がりが重い感じになりがちなのですが、
今回は全部サフレスですのでいつもより明るい印象に塗れたかと思います。
服の部分にはMr.クリスタルカラーのアメジストパープルをうっすら吹いていますが、
やはり写真には出にくいようですね。

フリルの薔薇が目をひくかなりボリュームのあるスカート。重量もそれなりにあるので胴体とも軸うちしてつなげました。
20120918_06.jpg20120918_07.jpg


サードアイのコードはたまたま家にあった電気用の物です。塗装後に本体へ取り付けたかったので塗膜に柔軟性のあるリキテックスをエアブラシで吹いています。
強くこすったりしなければ少々曲げたくらいでは割れたりはがれたりはないようです。
20120918_08.jpg20120918_05.jpg

瞳は毎度のリキテックス筆塗り。面積が大きいのでもうちょっと綺麗に描けるかなと思ったのですが…結局いつも通りな感じに。
20120918_11.jpg20120918_09.jpg

久々の「ガレージキット」ということで色々興味深く作ることができました。
これで購入したキットも完成したのであらためてWF終了な気分です(笑)。

ガレージキット 古明地さとり

というわけでWFにて購入したコムラクラフト様のガレージキット、古明地さとりを製作中です。
自分で作ったレジンの成形品はここの所何度か塗ってますが、
イベント限定のガレージキットは久しぶりで、なかなか新鮮な気分です。

20120909_02.jpg20120909_03.jpg
気泡埋めと一部のパーツを接着後整形し、仮組した状態です。
普段私が作るサイズより大きくて(ノンスケール表記ですが1/8位?)、スカートのフリル等自分にとってはかなりボリュームのあるキットです。
ベースはプラ板に地霊殿の床をイメージしたタイル状モールドを入れて貼りつけました。

20120909_01.jpg
サードアイ用のコードはちょうどいい径があったのでとりあえず。最終的に塗装後調整しながら取り付ける予定です。

気泡はシアノンで埋めて目立たなくなったので、このままサフレス塗装を試してみようと思ってます。
とその前に塗料ストックが心もとないのでいくつか補充してから。
作品別タグ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。