スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WFおつかれさまでした(その2)

WFからもう一週間ですね。

WFレポートでたまに写真に撮ってもらっているのを見て、「本当に参加したのだな」と今更ながら実感しております(笑)

昔から作文と日記は大嫌いなたちですが、滅多に出るもんじゃなし、WF前後の事でも。
記憶がもうすでにあいまいになりつつある部分もあるので正確さに欠けますが、たまには記録に残しとこうかという事で。
大したことは書けない割に長くなるのでたたみます。


関東に行くのは本当に久しぶりで、最後(というか最初)に行ったのはJAF-CON(一般参加です)に参加した時。
結局模型関連でしか行ってない事になります(笑)
千葉には行ったことがなかったので、移動関係がかなり不安でしたが
案の定電車の乗り換え等で間違えそうになり時間ロスを何度かやらかしてます。前日当日とも早めに移動して正解でした。

20120805_01.jpg
当日朝の卓の様子

WF当日、記憶があいまいですがライドウ、旧作秋姉妹がわりと早い時間に完売、
新作秋姉妹は上記二つより多く持って行ったのでちょっと不安になってきたのですがおかげさまでこちらも完売できました。

午後は何も残ってませんでしたので、写真を撮られる方のためにベースの回転を止めたり、食事をしたり。

濃いお話をして下さる方も何人かいらっしゃいました。元作品に対する愛だったり、制作に対する考え方だったり。
普段はそういう世界にいませんので(笑)こういうのはイベントの醍醐味ですね。

もちろん何度も卓に戻りつつですが、せっかくの参加ですので間近で作品を見たい、という事で会場をうろうろしたりもしました。
主に興味の対象が人物のフィギュアに偏ってますがざっと感想を。

小スケールの中に精緻なディテールを詰め込んだ系統のものが多かった印象があります。
目の塗装なんかとても自分ではその通りに塗れそうもない細かいものばかりです。
まあそういうのが見ていて好きなので注目してしまうのもあるとはおもいます。

もちろん大サイズの物理的な説得力というのはやっぱりあるのでそれは見ごたえがあるのですが。
1/6以上のスケールとか、大きいとバランスをきれいにまとめるのが大変そうです。

そういえば、向いの卓のディーラー様が以前SNSで見たデフォルメのカミナギ(ゼーガペイン)を展示してましたので、
わりとちらちら見ておりました。すいません(笑)販売されていたら買って帰りたかったのですが、目の前で売り切れるのを見る羽目になるだけだったかも…

そして閉幕。撤収時に荷物を宅配で送り返すのですが、なんだかすごい行列でした。手で持って列に並んでいたら、
後ろのディーラー様が台車に同乗させてくださったので、非常に助かりました。

20120805_03.jpg20120805_02.jpg
撤収時あたりの会場の様子…だったと思います

次の日に千葉を出て東京へ。時間の許す限り上野→浅草→秋葉原と移動して帰路につきました。
久しぶりの秋葉原では長い事探していたCDが見つかったり(プレミア価格でしたが)、前日人だかりで見られなかったWSCのフランもじっくり見られて満足。

というわけで一度は参加してみたかったWF、得難い経験ができました。
次回から手続きもWebに切り替わるようで、そういう意味でも記念にはなりました。
とにかく燃え尽きてます。まあいろんな意味で持久力がないのでいつもすぐ燃え尽きるんですが(笑)


部屋の片づけと並行して配置換えもしているのでWFで購入したキットが作れるのはもう少し先になりそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

作品別タグ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。